Salvaged

TL;DR

2年前突然死して文鎮化したNexus 5Xからデータを救出した。

Sudden Death

Nexus 5Xは突然死するタイプの端末である。突然電源が切れ、起動途中でフリーズしたり再起動ループに陥ったりする症状が現れる。

これは、当該機種の電子基板へ熱サイクルが印可されることによって、SoCの接合部ではんだクラックが生じるためだと考えられている。

en.wikipedia.org

ブートループが発生した個体に対して、中長期的に信頼性のある修理を施すことは、少なくとも素人の手には負えない仕事であると思われる。 しかしながら、ごく短期間――たとえばバックアップを取っていなかったデータをサルベージする間――だけであれば、 相応の準備と多少の幸運によってこれを達成することができるかもしれない。

Preparation

ケータイ修理キット

私はiFixit Pro Tech Toolkitを持っていたのでそれを使った。

Pro Tech Toolkit - iFixit

が、実質的にはピックと精密ドライバーくらいしか使わなかったのでもっと適当な安いやつでよろしい。 私が持っているわけではないけどこういうのとか。

Y型ドライバー

ドコモ版の場合、インナフレームを取り外す際にY型ドライバが必要になる。残念ながらPro Tech Toolkitに含まれるビットでは回らなかったので、専用品を別途購入した。

アネックス(ANEX) Y型 特殊精密差替ドライバー No.3607

アネックス(ANEX) Y型 特殊精密差替ドライバー No.3607

  • 発売日: 2013/08/05
  • メディア: Tools & Hardware

ヒートガン

ある程度信頼できるメーカのものならなんでもいいはず。Amazon.co.jpが販売してないよくわからんメーカのやつはやめよう。

有名メーカ製で小さいという基準でSUREのプラジェットミニを購入した。

www.sure-ishizaki.co.jp

ヨドバシ.com - 石崎電機製作所 SURE シュアー PJ-M50 [小型ヒートガン プラジェット・ミニ] 通販【全品無料配達】

Operation

だいたいこの動画の通り。分解して、基板を取り出して、SoCのあたりをヒートガンで加熱する。 方法論としては焼きGPUに近い。

www.youtube.com

裏蓋を外すのはSIMスロットを外してそこに三角形のピックをいれればやりやすい。

電池は危険なので熱や衝撃、物理的ダメージを与えないよう注意して。

SoCは基板の画面側に実装されている。

Nexus 5X Teardown - iFixit

電子基板のシールドを外したりフラックスを落としたりするのは省略してよい。

インナフレームまで組むと電源ボタンが押せるようになるのでそこまで組み立てたら充電して電源供給してみる。 運が良ければ数分間は動作してデータを吸い出すくらいのことはできるだろう。 だめなら同じことを繰り返してみる。 パワードUSBハブがあると充電しながらPC接続ができるのでやや有利。

Afterword

元よりどうせ死んでいる機体である。データを救出できれば儲け物、くらいの気持ちで挑戦してみるのが良いだろう。 あまり期待しすぎないように。失敗してとどめを刺してしまっても仕方ないと諦めるように。あと、火事や怪我をしないように。ヒートガンの熱風が向かう先に常に注意を向けること。

グッドラック。

make.believe

女の子がただ街中をほっつき歩いてる話

女の子がただ街中をほっつき歩いてる話が好きだ。

別に聖地巡礼がしたいとかそういうわけじゃなくて、広い世界の中をキャラクターが動いている、あるいはキャラクターとは独立して確固たる世界が存在する、という感覚が楽しいんですよねきっと。なので必ずしも実在の土地である必要はない。もちろん「聖地」を用意することがそれをもたらすためのハックとして使われている面はあるんだけど、あんまり私には響かなくて、むしろ明言されていない描写から「ああ、ここは行ったことがあるあの場所だ」と気づく時の方がうれしい。

アニメでいえば『じょしらく』のBパートは最高だったよね……。最近の作品で言えば『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の4話とか。

マンガなら『うさぎのふらふら』(残念ながら完結してしまった)とか『東京城址女子高生』(2巻が出たかつまだ続く!)とか『ぐるぐるてくてく』(2巻が出たかつまだ続く!!)とか『ぱらのま』(2巻が出たかつまだ続く!!!)とか。『少女終末旅行』もかなりちかい。『ゆるキャン△』『mono』とか『ヤマノススメ』いいんですがあれは山なので……。これもまた結構外れるけど『東京入星監理局』もいいよね……。『ぱにぽに(7)』初回限定特装版についてきた『桃月スタイル』はこの手の趣味に目覚めたきっかけの一つです。マンガじゃないけど『アナハイムジャーナル』は至高。

小説、小説なあ……。こういうジャンルってビジュアルがかなり強いので難しいんですよね小説でやるの。かく言う私もそういうのをやりたくて全く出来ていません。やっぱりマンガやアニメはつよい。

ガールズラジオデイズ

ガルラジことガールズラジオデイズのファーストシーズンを聴きおわった。

これカーステレオで流しながらドライブしたい。

長期休暇の目標はこれで達成ってことでいいか?(いいよ)

さあ、次はセカンドシーズンだ……

不可解なすべて

いわゆる百合、ガールズラブ作品が好きだ。『百合姫』も『まんがタイム』系列も定期購読してないし、百合漫画全部買うもしてない。でも好き。最近の良かったは『ガラスの靴を脱ぎ捨てて』と『ささやくように恋を唄う』で、良くなかったことは明らかに最高だった『ふりだしにおちる!』がわずか2巻にて完結してしまったことです。人はなぜ――

さて、そんな私もその手のジャンルの作品を書いてみたいなと思うこと幾星霜。問題にぶち当たったので、ここに書いて整理してみる。

Disclaimer: 以下の記述はあくまでフィクショナルな自作の人間関係描写に関する話です。現実の人間関係に適用しうるものではありません。

親密な二人の女性同士の関係を描写する際、というか具体的に言うとなろうとカクヨムに載せてる“The Pulse of Your Heart”の話だけど、この話を進めようとした時に、肉体関係のある、いわゆる同性愛の文脈に落とし込んでしまいそうになる。 いや、肉体関係のある同性愛の文脈に落とし込むことそれ自体は全く悪いことではない。あるまんがシリーズ(ネタバレのため名前を挙げません)がそうなった上で続刊が出ているのは感慨深い。しょせん私は途中から追いかけ始めた身分ですが――。

閑話休題。 つまり何がいいたいかというと、百合にカテゴライズされる話を描こうとした際、友情の領域に留めるのか、それとも肉体関係まで進めてしまうのかと悩んでしまうのは、その中間や曖昧性のある状態を許さず、人間関係をわかりやすいテンプレートに落とし込もうという作者の怠惰なのではないか、という話。 よく男女間の人間関係を描く作品であっても、「ふたりの関係に勝手に名前を付けるな、型にあてはめるな」という主張がなされることがある。 キャラクターを物語上のテンプレートに沿って動かせばいいというものではない。はい。 それはその通りで、二人(あるいはそれ以上)間の関係性は、それぞれに固有であって、なんらかのカテゴライズをするべきではない。 でも、友情にとどめれば私は同性愛に否定的なのかという気がしてくるし、セクシャルインターコースを持たせればゴシップ的というか、俗っぽいというか、まるでカミングアウトを強要しているようにも感じられてくる。 ということで、この話の続きを書くにはふたりの関係性がどのようなものであるべきなのかをしっかりと検討しなければならないし、そのためにはちゃんとキャラクターへの理解を深めるところからはじめなければならない。ということで、行き詰まっています。 私は、自作のことについて何もわかっていないし、(『天気の子』エントリで言っていたように)自分や読者を納得させられるだけの妥当性を想像/創造しなければならないんだよなあ。

あ、地図街が書き進められないのは単純に私の責任です――。

Traffic Kingdom

Motorcycle

自動車の運転を不安がっていると、じゃあ自動二輪に乗ればよいのでは!? というアドバイスを受けることがある。 自動二輪免許持ってない人間に勧めることじゃないでしょって思うけど、考えてみるときはある。 本質的に、二輪車とは恐ろしい乗り物である。事故を起こした時に一発で死ぬのであればまだいい気がするけど、重い後遺症を残す場合が多く、その上四輪車よりも事故を起こす率が高い。 それでも一発で棄却してしまえないほどには非ライダーの視点からであっても魅力がある。たとえば、目の前をTriumph Tiger 800が通過した際のサウンドは心を揺さぶるものだ。

さて、自分が二輪車に求める要件を定義するとしたらどのようなものになるか、ということを考える。

  • メカノイズがする
  • マフラーの音は全然興味がない
  • フラットダートは走れるくらいのスタイルがかっこいい(走るとは言ってない)
  • 2気筒程度の水冷エンジン
  • 250cc〜600ccクラス? (二輪免許もってなし)
  • フルカウルじゃないやつ
  • 背が高くない、足つき性がよい
  • 高速道路含め長距離をクルーズできる性格
  • 神経質でない操縦性

この条件で検索すると、スズキのV-Strom 250がヒットした。オフロードはあんま走れなさそうだけど、私がオフロードを走るとも思えないので、これがいいのでは? という気がする。

繰り返しになるが、私は自動二輪免許を持っていない――

Bicycle

話をすっ飛ばして自転車の話。 私の身の回りにも自転車にはブロンプトンを勧める一派というのが存在する。 ブロンプトンというのは高級な折りたたみ自転車だ。イギリス生まれ。スポーツ指向というよりはコンフォートなイメージ。折りたたんだ際のサイズが小さい、リアキャリアにローラが付いているので折りたたみ状態でも転がして運べる、などの利点がある。

買うとしたらM3Lだけど、定価で210,000円(税別)する。高い。 個人的に気になるのは、パーツが一般的なものではないことと、ホイールがクイックリリースでないこと。 パーツは汎用的で互換性があった方がいいと思うし、ホイールがクイックリリースでないとパンク修理が難しい。

とはいえ、買った人が後悔していないところを見ると、相応の良さがあることが予想される。 実際のところどうなんでしょうね。

Risk Benefit Balance

もし悩みの種を抱えているならば、ウィリス・H・キャリアの公式を使って、三つのことをやってみるべきだ。

  1. 「起こり得る最悪の事態とは何か」と自問すること。
  2. やむをえない場合には、最悪の事態を受け入れる覚悟をすること。
  3. それから落ち着いて最悪状態を好転させるよう努力すること。

デール・カーネギー. 道は開ける 新装版. 創元社, 1999.

前提:大人は、自分の置かれている状況コストとベネフィット、そしてリスクを自覚し、ハザードの責任を負う覚悟をした上で行動する、主体的な存在でなければならない。

ベネフィットを得るためには、必ずリスクを負わなければならない。つまり、ある選択をするときに人は それがほんとうにお前の利益となる保証はあるのか ということを問われている。あるいは、問わなければならない。

自動車の運転を例に挙げよう。

交通事故って多くの場合は偶然とか、ふとした気の緩み、油断によって生じるわけで、その発生頻度を下げる方法なんてないのではないか、と思う。 であれば、リスクを低減する方法など存在せず、故にどれだけのベネフィットを運転に見いだせるのかという一点に、判断基準は帰着する。

例えば生活に必要な環境にある人間にとっては、事故のリスクを生存のベネフィットが上回るだろう。これはよい。 では、私が該当するであろう、娯楽の為だけに運転者にならんとする者はどうだろうか。自らの享楽のためだけに運転するベネフィットは、人を殺し、傷付け、自分や誰かの人生を台無しにするリスクを上回るものなのだろうか。 そうだ、と言いきれるから、世の運転者は運転することを選んでいる。

では、私はどうか。 心の底から、それだけのベネフィットがあると、ハザードの責任を負う覚悟があると、自分のスキルは十分リスクを低下させられるのか。 未だに確信を持てない。 なら諦めればいいじゃないかという話に当然なるんだけど、それを諦めることすらできない。自動車に乗ることに対する憧れを捨てることができない。要するに馬鹿なんですね私は。 要するに、やっぱり私は口先だけの人間で、したいしたいと言っていることは本当にしたいことじゃなくて、自分自身に対する認知さえ歪んでいる、何もかもが嘘っぱちのフェイク野郎なのだという結論を再確認するだけなのですが……。

人生は連続的な選択によって構成されている。私は人生を生きることができているのか。世の中の主体的に人生を生きている大人の人びとは凄いのだ。

レンズ一体型ディジタルカメラ

私は、比較的珍しい側に分類されるであろう、富士フイルムのX70というカメラを使っている。

DSCF8794

35mm換算28mm F2.8の単焦点レンズにAPS-Cの撮像素子を組み合わせた、端的に言えばRICOH GRみたいな市場を狙った製品、のはずである。とはいえGRとはキャラクターが明確に違っていて、操作系は独立したシャッター/絞り/露出補正ダイヤルが基本になっているし、レンズキャップは内蔵型じゃないし、薄さを犠牲にしてチルトのタッチパネルを搭載している。つまりあんまりスナップシューターじゃない。 私は、タッチパネルでフォーカス位置を設定できるのも便利に使っているし、チルト液晶があるととても嬉しいんだけど、後者がGRにつくことはまずなさそうだし、実質的なX70後継とも言えるXF10からも外されている。個人的にはレンズはもっと長いといいなと思うけど、世の中の人々はそう思ってはいないだろう。

何がいいたいかというと、私がいいと思うカメラはまず出てこないんだろうなって話。私の願望というのは、APS-C〜35mmフルサイズの撮像素子に50mm F2からF2.8くらいのAF単焦点レンズを組み合わせた、チルト液晶搭載のレンズ一体型ディジタルカメラだ。できれば手ブレ補正もほしいし、小柄なボディだとさらにありがたい。 この希望に一番近いのはおそらくシグマのdp2シリーズだろう。45mmの単焦点レンズを持つ、ほぼ唯一の存在。次は35mmクラスで、X100シリーズやRX1シリーズが該当する。中古ならライカX-Eあたりも。でもどれもいまいち私の要求にミートしない。 こういうやっかいな客はそれこそミラーレスにでも行けよ、という声がする。α6500に35mmでもつければいいんじゃね、お金持ちならライカにでも行ってください、という。はい。でもね、結局私は単焦点一本で撮りたいし、レンズ交換できないほうがセンサーダストの面で有利だって思うのだ(かつてのGRから目を逸らしながら)。

そもそも、50mmクラスの単焦点レンズを搭載したコンパクトカメラ自体、銀塩時代まで考えてもそう多くはない。恐らくはキャノネットだとか、オリンパスの35シリーズとか、ミノルタのハイマチックだとか、ヤシカエレクトロ35だとか、そういうレンジファインダー時代のものまで遡らなければならないだろう。そしてその中でも50mm焦点のものよりは広角寄りのものが多い。 その理由は理解できる。長いレンズの方がピンボケするリスクがあるし、広く写せばトリミングもできる。記念写真を撮るなら人物と風景両方写したい。そういうカメラに対するニーズを考えれば考えるほど、広角の方が望ましいのだ。プロ用サブ機として開発されたような機種でさえ、広角ばかりなのだから。50mmを欲するような撮影には一眼レフなりレンジファインダーを使ったほうがいい。ピント位置がちゃんと確認できるし、一眼レフであればボケ量まで撮影時に確認できる。

そしてなにより、今は高性能なズームレンズが溢れている。ズームレンズは便利だ。必ず写さなければならない被写体が存在するときに、これほど心強い存在はない。レンズを交換することなく、場所の移動が制約されていたとしても、きちんと成果を出すことが出来る。望み通りの構図、効果を実現できる。こんな素晴らしいものはない。

じゃあなんで私が単焦点レンズにこだわるのかというと、まあ単なる執着に近いんでしょうね。いちおう理由をならべてみると、概ねサイズが小さいし、概ね明るいし、概ね像の破綻が少ない。あとは、私は何でも撮りたいわけではなくて、手の中にあるもので撮れるものを撮りたい、というスタンスでいるからかもしれない。報道カメラマンみたいに、即応して写真を残さなければならないのだとしたら、私だってズームレンズを選ぶだろう。結局は、単なる趣味なのだ。

時代は多品種少量生産、マスカスタマイゼーションの時代だ、とは言うけれど、入念な検証プロセスを経て、ハード、ソフト共に設計、製造の品質を担保しなければならない複雑なシステムをどうこうするのはやっぱ難しいですよね、という話。

DSCF9094